イベント情報

自己紹介

年々減り続ける原木しいたけ生産者。このままでは日本から、いや世界から本物のしいたけが消えてしまうのでは?
僕たちしいたけブラザーズが“原木しいたけ栽培”をやろうと決心したのはほかではなく、両親の原木しいたけにかける
「情熱・夢・使命感」に共感したからです。
これからの時代、まだまだ若輩者の僕らですが、そのこだわりを持ち続け、「本物を残す」の決意のもと、力を合わせてがんばります。    “しいたけブラザーズ”

 業務用お取引
会社案内
社 名 有限会社 しいたけブラザーズ
本場・事務所所在地 岐阜県加茂郡川辺町鹿塩983-1  印刷用地図はこちら
TEL 0574-53-4663 / FAX 0574-53-3132
黒川農場所在地 岐阜県加茂郡白川町黒川1788-7
代表取締役 横 田  尚 人
業務内容 原木椎茸の周年栽培、及び乾燥椎茸の生産、椎茸加工品の製造・直売
保有ほだ木 20万本 
年間植菌数 5万本
年間生産量 生椎茸 50t  乾燥椎茸 1000kg
【本場】

冬の晴天率が高く、しいたけのほだ木を作る行程に適した環境のため、植菌、仮伏せ、本伏せまでを一手に本場で行っています。年間を通してしいたけ狩りができ、直売所、しいたけ加工所、事務所を併設しています。のどかな田舎の風景が広がり、ほのぼのとした気持ちになりますよ。

【黒川農場】

高冷地のため昼夜の温度差が激しく、また、しいたけの栽培に適した湿度を保てるため、昔から良質なしいたけが栽培できる産地に、黒川農場を建てました。本場で約1年かけて完熟ほだ木を作ったあと、黒川農場に車で約1時間かけてほだ木を運び、しいたけを周年栽培しています。水も空気もとても澄んでいます。


研修生スタッフ募集!!詳しくはこちら!≫


しいたけブラザーズの歩み
昭和47年 創業者・横田俊光が、養鶏業を学ぶためアメリカへの2年間の研修を終え、日本で七面鳥牧場の夢を追う。しかし、ヒナ仕入先の倒産により断念。切り開いた山と原木を前に原木しいたけ栽培を決意。
妻・喜子とともに日本一のしいたけ屋を目指し「ふじしいたけ園」をスタートさせる。
昭和47年 横田式ワンタッチ穿孔機で特許取得。科学技術庁長官賞(昭和51年)
昭和58年 しいたけの粕漬けを皮切りに加工品を開発。
昭和60年 当時まだ珍しかった直売所を併設する。
平成 6年 俊光が飛騨美濃特産名人認定。
平成 8年 俊光が日本農業賞優秀賞受賞。
平成10年 喜子が飛騨美濃特産名人認定。
平成 9年 次男・千洋が、アパレル会社勤務、2年間のアメリカ農業研修を経て就農。
平成10年 加茂郡白川町に第二農場『黒川農場』を増設。
平成10年 長男・尚人が、北大農学部、長野県の農協勤務を経て就農。
この頃より、栽培の過程で増収剤・殺菌剤などの一切の薬剤を使わないことを決意。
地元のスーパー他、直販に力を入れる。
お客様の何気ない一言をきっかけに兄弟で「しいたけブラザーズ」を名乗り始める。
平成14年 農林水産局長賞 受賞
平成16年 三男・泰弘が、機械メーカーを脱サラし就農。
平成16年8月 「有限会社 しいたけブラザーズ」を設立。しいたけ狩りハウス・直売所を増設。
これからも椎茸本来の味と香りを守るため、お客様の「おいしい」笑顔に出会うため、原木しいたけ栽培にこだわり続けていきます!
平成17年 岐阜県農林水産オリベ賞 (安全・安心・健康な農林水産物提供部門)受賞
平成17年 林野庁 特用林産振興会 会長賞 受賞
平成18年 「しいたけまん」が、健康よい食品づくりコンクール 最優秀賞 受賞
平成24年 中日農業賞 受賞
岐阜県表彰 受賞
『しいたけ名人』 認定
ページトップへ